現代と古代をつなぐ 祈りの舞 暦舞

太古・原初の人々は常に自然を敬いこの星の自然や宇宙のサイクルと共に生き平穏な日々を願い、森羅万象を寿ぐ 「祈り人」でした。

 

祈りの舞は古代の人々のように天と地をつなぎ、舞う身体を通して祈り、自らを尊びすべてを愛し、地球を癒します。

世の平和や皆様の幸せ、これからの地球のために、祈りと寿ぎの舞を捧げ生きることの喜びと感謝をお伝えします。

舞う身体を通して祈り、平和や日々の幸せのために天と地をつなぎ光の柱を立てる、これからの地球や人々のための舞です。

 

 

太陽と月と地球との関係性から導き出された暦は、古代の祭祀には欠かせないものでした。少し昔の人々は月の運行により定められた暦を、 現代の人々は主に太陽の暦を使用しています。 暦の基準となる太陽や月は、この地球の昼や夜や季節のサイクルに密接に結びついています。

 

そして、日本には美しい四季があり、暦の中には美しい言葉で彩られた、二十四節気・七十二候などという節目があります。

暦に基づき、気温や湿度やお天気や、その時期特有の風景に反応する身体感覚とさまざまな変化を感じながら舞い踊る。それが暦舞です。

 

レッスンではいくつかの型を学び丹田力を高めると同時に身体エネルギーを整え、フリーダンスによって森羅万象と自らの身体をつなぎます。

命は神であり、すべての人はその体内に宇宙と神を住まわせています。舞うことは祈り、祈りは命への賛歌です。 

 

 

 

お月様に捧げる祈りの会

毎月新月の日には、旧暦の月初めを寿ぎ皆様のご健康と平安をお祈りし、舞をご披露させていただいております。

どうぞよろしくお願い申し上げます。

 

満月の日は、太古の昔は夜も明るく華やいだ祭りの日でしたが、自然のサイクルが狂い災害が頻発する現代では、内省の日ではないかと考えます。

祈りの会という形で、旧暦のちょうど一か月の真ん中の自らの身体を内観し、瞑想、そして祈りを捧げ過ごします。

瞑想の初心者の方には指導もさせていただいておりますので、安心してご参加ください。


ワークショップについて

暦舞ワークショップは大いなるものからの 贈り物です。
舞うことから離れてしまった現代のシャーマンたちの「舞う場」「祈り場」として、光の柱を立て、 誰もが楽しく「舞い」、「笑い」、場を浄化して地球を癒します。

 

ワークショップの内容は身体をほぐすストレッチ的なものから始まり、いくつかの祝詞やマントラ、型のお稽古の後、自由に舞い踊るエネルギーワークを含めた暦舞を舞います。決まった型、振付も使用しますが、それはあくまでもエネルギーの通りを良くするショートカットの小技のようなものなので、左脳的な暗記物や習得型のお稽古ではありません。

 

人によっては自由に舞うのが苦手、型の覚えが悪い、などいろいろ思案したりしますが、思い込みを手放し、 難しく考えずに、お時間のあるときに、お気楽にご参加ください。
すべての人が忙しい日常を送っている現代、ワークショップは誰もが自由に参加できて一回完結で、初参加でも充実できるものを常に提供したいと考えています。

 


奉納舞ついて

ワークショップより、もう少しディープに地球を癒すためのお役目を持った事を感じ、正式な奉納舞などを行いたい、あるいは「型」などの習得を目的とされる方は週に一回以上、東京で開催されるオープンクラスのお稽古、あるいは個人レッスンにご参加下さい。
各ワークショップ地におきましても、ご希望がありましたら奉納舞を前提としたお稽古を企画いたします。

 

ワークショップ開催地募集

受講者が5名以上で、会場を用意していただける場合、日本全国どこへでも参ります。

 

奉納舞、イベント出演のための舞い手、募集中

おかげさまで、各種イベントや、聖地霊地で行われるご神事に呼んでいただける機会が急増しております。常に舞い手を募集しております。

 

個人レッスンやセッションもございます

詳しくはこちら 

 

 




 

 

 

 

※ mixi内コミュニティ 「巫女舞☆タオダンス